下水道処理施設

ICTを活用した遠隔操作。ランニングコストの削減を図り快適でインテリジェンスな処理施設を目指しています。

地球の環境を維持し、守っていくには、川や海に繋がる下水道処理施設から放流される、放流水の水質を適正に処理し、維持していく事が環境保全活動の第一歩であると考えています。更に、下水道処理施設の維持管理には高度な技術と信頼が求められます。
弊社は国家技術資格の集団であり、維持管理業務は・下水道第3種技術試験合格者による確かな下水道処理施設維持管理体制を整えて業務を行っています。
環境負荷の低減、運転管理コスト削減、施設・装置の老朽化等、下水道処理施設が抱える課題に対して、弊社は40年以上に渡って培ってきた実績を駆使し、小規模施設から大型施設まで、下水道施設の課題・ニーズに合わせた適切な運転管理を実施し、お客様にトータルなサービスを御提案し、社会に貢献致します。

下関市山陽終末処理場維持管理状況

民設民営化とは

民設民営化

財政再建・経済の活性化へ繋がります。包括的コスト削減保障を提案します。(初期投資なし)

民設民営化とは、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う新しい手法です。

民間の資金、経営能力、技術的能力を活用することにより、国や地方公共団体等が直接実施するよりも効率的、効果的に公共サービスを提案できる事業について、民設民営化で実施します。
民設民営化の導入により、国や地方公共団体の事業の財源の削減、より質の高い公共サービスの提供を目指します。
又、当社は独自のビジネスモデルにより包括的コスト削減保障を致しております。

我が国では、すでに民設民営化方式による公共サービスの提供が実施されており、下水道、ゴミ焼却施設、病院、学校などの公共施設、その他新エネルギー施設、情報通信施設等の整備等、再開発などの分野で成果を収めています。