再生可能エネルギー

CO2を出さない新しいエネルギー。
温室効果ガス、気候変動を地球規模で災害を防止します。

  • ・NEWエネルギー
  • ・温室効果ガスの削減
  • ・気候変動:災害をストップ
  • ・安い独自のエネルギーの創出
  • あなたに提供します。

ニッカン下水道汚泥・し尿・浄化槽汚泥・家畜糞尿・食品・生ゴミMIXシステム

従来のし尿処理施設の機能を当社独自の方式へ変更することにより、し尿・浄化槽汚泥量を極限まで減容化します。高カロリーの有機性廃棄物である汚泥固形物からは、エタノール・メタンガス・水素・乾燥物・炭化物・メタンガス・水素等を資源として回収することが出来ます。特に、バイオマスエネルギーの有効利用による高効率の生成を図ります。又、CO2の削減に寄与するシステムになっています。

メタンガス・水素ガスエネルギーの生成システム

ニッカン下水道汚泥・し尿・浄化槽汚泥・家畜糞尿・食品・生ゴミMIXシステム

【PDF:2.46MB 】
GET ADOBE 'READER'
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。

太陽光発電

太陽光発電の基礎知識
NASAの国際宇宙ステーションの太陽電池パネル
出典:NASAの国際宇宙ステーションの太陽電池パネルより

太陽からのエネルギーである太陽光を太陽電池モジュール(ソーラーパネル)で電力に変化する。太陽の光で、電力を生成する為、一切の燃料を必要としない。 空気汚染もない事が特徴である。長期的に無補給で電源供給の必要がある宇宙空間や小型電子機器の電源として利用されてきた他、近年は環境問題への関心の高 まりから一般家庭や、一般企業での使用も増えている。

風力発電

小型の風車を使った洋上発電システム
小型の風車を使った洋上発電システム
出典:九州大学・応用力学研究所より

風の力で風車を回し、その回転エネルギーを発電機に伝えて電力を起こすのが、風力発電のシステムである。風のエネルギーの約40%を電力に変換できる効率の良い発電システムである。風車は風の吹いてくる方向に向きを変えて、常に風の力を最大限に受け取れるシステムになっている。メガネ風力は、既設の風力発電の1.5倍の効率を向上出来る。

複合洋上発電ファームのイメージ図
複合洋上発電ファームのイメージ図

複合洋上発電ファームとは、洋上に設置した浮上体において風力、太陽光、潮力、波力、そしてアンカーケーブルに働く張力といったエネルギー源を利用する複合的な発電システムで、世界初の試みである。

水力発電

水力発電の基礎知識
フォルサムダム
出典:フリー画像「フォルサムダム」より

現在最も一般的なのは、発電用水車を水の力によって回転させることで発電をする。
発電用水車と発電機を組み合わせたものを水力発電機という。高いところにあるダムや滝などからの水を、水道用水や農業用水などを供給するときに、水流の中で水力発電機を設置すれば発電出来る。
落差さえあれば発電が、可能である。さらに適応可能範囲が非常に広い発電方法である。太陽光発電や風力発電に比べて、単位出力あたりのコストが非常に安い。また発電機出力の安定性や負荷変動に対する追従性では、数ある再生可能エネルギーの中で王者とも言われ、実用化されている唯一の再生可能エネルギーとも言える。

地熱発電

地熱発電の基礎知識
地熱発電

地下に1000mから3000m程度に掘削して坑井から噴出する天然蒸気を用いてタービンを廻して行う発電である。エネルギー資源としては、純国産であること、地球温暖化の元凶である炭酸ガスの排出量が少なく、地球環境に優しいことが大きな特徴である。地下の深さは1000mから3000mにも達する。坑径は、底のあたりで約20cmである。特に火山の近くで地熱発電を設置すれば資源が不要であり、電力を生成するために最少のローコストで電力を生成できる。

潮流発電

潮流発電の基礎知識
潮流発電
出典:米パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL)より

海流による海水の流れの潮流エネルギーを羽根の回転を介して電力(電気エネルギー)へ変換させ、発電する方式である。
海中に海流発電機を設置する。
電力の変換効率は40〜50%と比較的高くなっている。温室効果ガス(GHG)を排出しないため、環境負荷が極めて少ないのが、特徴です。
風力発電や太陽光発電のように天候に左右されず、空気と比べると海水の密度は1000倍近く大きいため、発電源としては比較的安定している。
無限のエネルギー資源の不要な電力システムである。

地中熱ヒートポンプシステム

ヒートポンプシステム
地中熱利用の概要
出典:地中熱利用促進協会「地中熱利用の概要」より

地中から熱を取り出すために地中熱交換機内に流体を循環させ、汲み上げて熱をヒートポンプで必要な温度領域の熱に変換する。システムは、効率的に冷 暖房および給湯を行うことができます。地中熱交換機内を循環させる流体には、通常は不凍液または水を用いますが、冷媒を用いる方法も行われている。
地中熱では、例として水→冷媒→(水)→空気と伝わる。そのため、ビルの地下等の屋内に設置されることが多い。高効率の熱利用と電力の生成に用いられ、コストパフォーマンスは従来の施設の1/6のコスト削減になる。