「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」実証事業の検証開始

2016.02.17ニュース

当社は、佐賀市・株式会社東芝・株式会社日水コン・株式会社ユーグレナ・日本下水道事業団とともに国土交通省「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」に採択され、国総研からの委託研究により実施されている「バイオガス中のCO2分離・回収と微細藻類培養への利用技術実証研究」を進めていますが、このたび、佐賀市下水浄化センター内に実証施設が完成し、本日、完成式典が執り行われました。

本実証事業は、これまで利用されていなかった下水処理施設から発生する消化ガス(バイオガス)中のCO2を高濃度で分離・回収し、藻類培養に有効活用するとともに、脱水分離液をユーグレナなどの藻類培養に必要な栄養源として利用することを検証するものです。当社は、本実証事業において株式会社東芝へ供給するバイオガスの安定供給を目的とした機器を設計施工、維持管理などを担当しています。CO2の回収については、株式会社東芝が担当、藻類類培養は、株式会社ユーグレナが担当します。

今回完成した実証施設は、下水処理場のガスからCO2とメタンを分離するCO2分離・回収設備と藻類培養施設から構成されています。当社が開発した汚泥可溶化装置は下水処理工程で発生する汚泥微生物を破砕、分解することにより、従来の汚泥消化工程を安定化、促進、バイオガス増産することが可能となります。発生したバイオガスは、東芝のCO分離・回収設備へ運ばれ、COとメタンに分離されます。回収されたCO2は、隣接する藻類培養施設に運ばれ、ユーグレナの培養に利用されます。また、メタンについては、将来的に発電への活用などを検討していきます。本日から藻類の培養を開始し、今年度中を目途にバイオマス由来のCO2による藻類の培養効果を検証します。

当社は、本実証事業を通じて、下水処理施設における汚泥消化工程の安定化、促進、バイオガス増産の確立を図るとともに、世界的なバイオマスエネルギー普及に寄与できるよう積極的に推進して参ります。

 


 

1.実証事業の内容

下水処理施設における未利用資源の有効活用と高付加価値資源の創造を目指し、これまで利用されていなかった下水処理施設から発生する消化ガス中のCO2を高濃度で分離、回収するとともに、脱水分離液を藻類培養に必要な栄養源として利用する。

 

2.実証事業期間

平成27年8月4日~平成28年3月31日

3.実証事業の役割

日環特殊株式会社:汚泥可溶化設備の設計施工、実証試験、維持管理等

東芝:事業全体の取り纏め、CO2分離・回収設備と共通設備の設計施工、実証試験、維持管理等

日本下水道事業団:システム全体の研究計画立案、施工(品質・工程)管理、データ解析・評価等

佐賀市:研究支援全般、運転管理支援、フィールド提供等

株式会社日水コン:設計・施工管理支援、データ解析・評価支援等

ユーグレナ株式会社:藻類培養設備の設計施工、実証試験、維持管理等

 


本実証事業のイメージ

設置状況①

設置状況②

パネル