下水道処理の進化

2015.04.08下水道処理

現在の下水道処理の進化について。

現在の下水道処理技術は、ただ雨水や生活排水をきれいにするだけではなく、暮らしの中で使用した流した汚水はいろんなことに再利用できます。

水環境を安全に保つことや温暖化対策など、下水道処理の研究が次々と生まれる新しい技術は、大きくいうわけではありませんが、まさに地球を救う技術です。つい数十年前まではゴミとして捨てられていた汚泥からは想像もできない様々な形となって街や人を支えています。

MBR(膜分離活性汚泥法)は膜を使って下水をきれいにする技術。設備が小さくなり管理もしやすくなります。

再生水造水システムは、下水道処理した水を放流せず街でもう一度使用できるように、よりきれいにするシステムです。

下水汚泥ガス化システムは汚泥をガスに変えて発電するシステムであったり、下水道処理の過程の汚泥処理の焼却炉は燃やす時の温度をコントロールし、温室効果ガスの排出を削減できる焼却炉がありします。