可溶化とは

2015.01.15可溶化

水に難溶または不溶な物質がその系に界面活性剤(分子内に水になじみやすい部分と油になじみやすい部分を持つ物質の総称)を共存させることにより溶解して、均一な溶液となること。溶解化ともいう。水中で界面活性剤は分子会合してミセル(分子間力による多数の分子の集合体)を形成し、ミセルの状態で界面活性剤は親水性基を表面に、また新油性基を内側に配向させている。

界面活性剤を加えることにより溶解度を増し、均一な溶液にすることを可溶化という。